SALYERS
Makoto Nakura Signature Mallet


 ソロ・マリンバ奏者として、四半世紀にわたるキャリアの中で常に考えてきたのは、いかに多彩な音色作りをするかということだ。一晩のリサイタルで、様々なスタイルの作品をいかに弾き分けるか、協奏曲の舞台で、オーケストラと聴衆にいかに明確に自分の意思を伝えるか、また、室内楽の場面で、繊細な音楽創りにいかに彩りを添えていくか―これらを実現するためには、一組のマレットからどれだけ幅広い音色を引き出すことができるか、ということが重要になってくる。そこは、まず、奏者の腕の見せ所というわけだが、同時に、マレット自体も、奏者のコントロールに、表情豊かに応える能力を備えている必要がある。このマレットは、それ自体がどんな音色を持っているか、ということより、奏者がこのマレットからどれだけ幅広い音色を引き出すことができるか、ということを主眼にデザインしたものである。
名倉誠人
BACK